超残酷過ぎる真実

私自身も耳が痛くて言いたくないけど、
残酷な真実を
認めざるを得ない(ToT)
結構、何事も
質より量だ!


山ほどやってたら、
質は後から自然とついてくるものだ。


この歳、と言っても33歳
になってくると、もはや
わかってしまうのだ。
オトコを見て、
こいつが私に興味あるか
ないか
どのレベルで相手がワタシを
判定しているか。
何かの本にあったが、
5   金払ってでもお願いしたい
4   金払うまでではないが好き
3   良くも悪くもない
2   相手が望むなら付き合ってやってもいい
1   お願いされても無理
で、
女は男より
生殖可能期間が短いワケだから、
より短期に効率的に
ターゲットハントを成功させなくてはならぬ。
つまり、
出会う男それぞれの
自分への評価(1から5)
を素早く見抜いて、
負ける戦いを極力減らし、
できるだけ有能かつ自分の好みに合致する
オスを捕獲しなければならぬ。
当たり前だが、
そうした時に重要になってくるのは、
相手の自分への評価(1から5)を
より正確により早期に
判定する力だ!
マジ好みで超イケメンに
ロックオンし、
必死にあがいたところで、
相手の自分への評価が1なら
負け戦だからだ。
超絶時間の無駄である。
羊水は知らんが、卵子は古くなる。
もちろん、コレは確率的な話なので、
長期間かければ、
万が一の確率で、相手から
1と思われていても最終的に自分に
なびかせることは不可能ではない。
ただ、人間は妥協する生き物なので
(あ、人間以外の動物の妥協の方が
    より顕著ではあるが)
現代の結婚制度上での夫婦が
誕生しているのである。
そんなん、
街を歩いて、多数のカップルを
見ていればわかる。
んー、そうなるよね( ´_ゝ`)
ってものばかりだ。
で、1から5を判断する方法としては、
もはや、場数を踏むしかない。
そう、
練習あるのみだ!

自分の想定を答え合わせしないといけない、
つまり、
相手の正解(本心)を
確かめないと練習にはならんのだ。
思えば、
私は小学生の時から
この練習wばかりしてきた。
想定→答え合わせw
つまり、相手本人に聞いてしまうのである。
直撃www
考えればわかるが、
放置しておけば、真実は闇の中だ。
で、答えを知った後は振り返りだ。
ターゲットにこんな言動があった。
結果、評価は4だった。
とか、
この繰り返し。
積み重ね、データ蓄積である。
さすがに、ここまでは
文書化はしていない。
文書化していたら、
今頃、ベストセラーやな(*’ω’*)
で、33歳までそんなことばかりしてると、
もう日本人男性との男女関係に
楽しみがわかなくなってしまう(ToT)
はい、こいつ、5ー。
ぐ、イケメンだけど、2。。。
むむむ、コレは4か?!
と判断していく、
もはやゲームですよ。。。
あ、
外国人はやっぱり文化や性質が
違うからあまり当てられない。
これから、楽しむには、
外国人ターゲットで行くしかないのか?!
とすら、思えてくる。
ここまで来て思ふ。
数撃つしかないなー。と。
数撃ちまくって、精度上がってきたなー。と。
スポーツもそうだもんな。
私全く、競技としてのスポーツしたことない
けど。
バスケのシュートだって、
発射角度のαは何度で。。云々。
とか言ってないで、
数えられんほどシュート練習するしな。
できないできない、
わからない、
どーしよー、無理ー、
とか言うのって、
ただ単純にやる数が足りてないだけじゃない?
って思うよ。
数さえ積んどきゃ、
簡単に言ったが、数積むのもかなりムズイ
うまくできるようになるよ(*’ω’*)
と自分に言い聞かせて、
スキャルピングやってみよ。
こんなお菓子送られてきた(^o^)

明日はデート、

じゃなくて、
このイラストの本人に会いに行くから♪
はよ寝よ(p_-)
アディオース!

コメント

タイトルとURLをコピーしました