今さらジロー2

私について

ハロー!
高野まよです!

小学校1年息子を道連れに、
キューバにバックパック旅行する、

日本で今一番
クレイジーでフリーな
シングルマザー。。

本ブログ8年目なのに、
今さら、自己紹介をするシリーズ
第2弾

第1弾の小学生編は
コチラ→今さらジロー1

私立中学に入れられるべく、
小学3年生の2月から
日能研に通い始めた私。

電車の中吊り広告の
四角いアタマを丸くする、ってヤツ

中学受験塾は、
理科と社会が興味深いし、
自分よりも頭の良い子が
何人もいて、
いい刺激で、楽しかった。

一方、

当時、小学校では、
女子グループが明確にあり、
私も一番家の近い子と
次に近い子の女三人グループに
入って、行動してた。

ホント、体育館もトイレも
どこ行くのも
三人セット。

で、毎日帰る時に、
一人が別れた後、
もう片方と二人になり、
6年生の時、何を思ったか、

もう一人をハブにしない?

って、私が言い出したかと。
それ以降、
毎日、帰り道、最後二人きりで
どう実行するかの話し合いですよ。
一番先に帰る子に伝えるからね。

もう、やってること、
ドロッドロ(-_-)

もう生理もあって、
見た目、小学生でも、
中身は昼ドラの女そのもの。

で、明日、
決行しようと二人で决めた日、
21時過ぎに
日能研から帰って来ると、

ポストに、手紙。

もう、わかるでしょ?

ハブにされるのは、
私やんか!!

その手紙は、
私と家が一番近い子からで、
あんたは、中学受験して、
地元中学行かないし、
うんぬんで、仲良くしてても、
しょうがない的な中身で、

これからも、卒業まで
三人で仲良くではなく、
私一人グループから抜ける、
という展開。

薄々、気づいてたけどね。
三人でしゃべっててもも、
明らかに会話は私以外の
二人が放課後電話してる模様。

私は塾か、家で勉強
だったからね。。

手紙は、
一人で部屋で読んで、
泣いてしまったが、
母上に知られては心配されるし、
平静を装い、夜ご飯食べたわ。

もう、

明日からどのグループに
入れてもらうか、

で頭は超速回転。
ほぼ、寝れずに翌日登校。

たぶん、
この日の登校時ほど、
緊張したことは、
その後の人生ないわ。

そのぐらい、あの時の
小学校のクラスという
コミュニティーでいかに、
ハブられずに生きていくか、
はまだまだ幼い私にとって
大事だった。

だから、就活時の
○○銀行や、△△電力の
役員面接なんて、
屁のカッパ
あの時の緊張に比べれば。

幸いなことに、
捨てる神あれば拾う神あり、
で、
今までほぼ、ノーカラミ
だった女の子三人グループに
入れてもらえることに暗黙的になり、
(12歳でもオトナだから、
私がハブられたことなんて、
明らかすぎるけど、誰も聞かない)

卒業まで楽しく
過ごさせてもらった。

ま、自分がやったことは
自分に返ってくる、
のいい例っすね。

後から超自然に私を仲間に入れてくれた女の子一人は
卒業文集に、
「友達は違う中学校に行っちゃうけど、
いつまでも仲良くしたいです。」
って書いくれていて、
それを卒業後、中1の5月とかに読んで、
超うれしくて泣いた。

なんせ、私の文集のページには、
「弁護士になって社会的弱者を救う」
なんて、思ってもいない
見た目だけカッコいいことを書いてて、
それをマジで恥じたね。
次回に続く。

ちなみに、中学受験は、
第一志望校にサクラ咲いたよ。
頑張れば夢は叶う、
を実感。

コメント

タイトルとURLをコピーしました