なぜその趣味が好きか

ハロー!
高野まよです!

自分が好きでやっていること、
趣味とか、
それをなぜ好きなのか
理由を考えてみた。

そして、
その理由が叶えられるのなら、
他のことをしてもハッピー、
ご機嫌でいられるのだと学んだ。

大阪駅前第3ビルは
なかなかいいお店がたくさん!
入らず、写真だけ。

やりたいことが多過ぎて、
最近、家ですら大好きなお酒を全然飲んでない。

大好きな一人カラオケオールもしてない!
ましてや、
クラブのお立ち台で踊り狂っていない!
↑30代子持ちなら世間ではこれらをしないのが「普通」らしい。

そこで、ふと疑問に思った。

私は酒が好きだったはずなのに、
もう今は好きではないのか?

今私がやっている勉強なり、
自分との対話は好きなことなのか?

そもそも、
なぜ私は酒が好きだったのか?

私は酒で興奮、ハイテンションに
なるのが好きなのだ、
とおそらく思う。

また、私の飲酒後を見た人は、
この人、ストレスたまってるんだな、
と思うことがあるらしい。

ストレスは自分では感じていないが、
自分のパーソナリティに合わない
会社、仕事をしているから
無意識にストレスがあるのか?

とか考えてみた。

しかし違った。
18、いや20歳の頃から
お酒が好きだった!

やはり、脳内のテンションを
酒で上げることが目的のようだ。

と仮定すると、辻褄が合った。

たしかに、今行っている
勉強なり、自分との対話で、
いつも脳内テンションは
シラフなのに、
ワイン750ml一本分ぐらい、
ハイテンションである!!!

ということで、

趣味や行動は
自分の願望の達成手段である

のね!

趣味に時間が取れないけど、
別にハッピー、とかいう人は
他の手段で目的を達成しているんだな。

もちろん、

趣味に時間が取れなくて、
最近つらい、楽しくない。
なんて人は、
すぐさま、時間を作り、
楽しく過ごすべき!

いつか、
は来るとは限らない。

時間の件で考察した結果は
また後日、まとめたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました